男の人

気になるリスクをチェックする|マンション経営を行う心得

リスクを抑えて

電卓

中古ワンルームマンションや1棟アパートなどの投資物件で運用するよりもリスクを抑えて投資することができる投資商品が上場不動産投資信託です。上場不動産投資信託は株式と同様に売買できるので流動性も高いと言えます。

View Detail

投資物件は整備が大事

オフィス

アパートなどの投資物件を考える時は、関連事項などに関する情報を得る必要もあります。的確な情報収集をすることで、投資を有利に展開することができます。世界的な低金利時代は、投資に関するチャンスが多い時代でもあります。

View Detail

将来設計に役立てる

マンション

マンション経営などの不動産投資

景気が回復しつつある昨今。それに伴いマンション経営やアパートなどの不動産投資が見直されてきています。長らく経済状態が悪かったため不動産価格が低迷していたことを背景に、世界中から日本の不動産に資金が流入してきているのです。そのため一時期よりは不動産価格は上昇していますが、それでも尚投資物件から期待できる利回りはとても魅力的なものとなっています。そこで投資物件としてアパートを購入する不動産投資が注目を集めています。ビル1棟を購入するとなると最低でも数億の資金が必要となりますが、アパート1棟では数千万で購入できるため、個人の方でも不動産投資を始めるのに適しているからです。年金の支給額が今後は減額されていくことが予想されている現代では、自己防衛のためにもアパート投資を始めてみてはいかがでしょうか。またアパートのみならず、マンション経営も人気を集めているので、双方の利点を比べながらスタートしてみてもいいかもしれません。

リスクを軽減する

2015年1月1日より相続税の計算方法も変わりました。これにより相続税は富裕層だけの問題ではなくなっています。そのため不動産投資を活用した相続税対策も注目を集めています。消費税の増税により、一般住宅の着工数は軒並み前年度に比べ大幅に減少しましたが、アパートなどの賃貸物件は近年稀に見る着工数となっています。 では、将来に備えることができ、相続税対策にもなる投資物件のリスクも考え購入する際に気をつけるべきポイントは何なのでしょうか。投資物件において何より重視すべきは立地です。設備等は古くなると交換することも可能ですが、立地は交換することはできません。そのため駅までの近さなどの交通の便や、買い物などのしやすさなどの利便性を何より重視することが、不動産投資を成功させるためには重要なことなのです。リスクを負うことを避けるためにも、様々な点を考慮する必要があります。

サイトを有効活用

外観

投資物件サイトに会員登録をしておけば中古ワンルームマンションや1棟アパートなどの物件情報を効率よく集めることができます。不動産会社とのコンタクトも取りやすくなるので登録しておくだけでも大きなメリットです。

View Detail