リスクを抑えて|気になるリスクをチェックする|マンション経営を行う心得
模型

気になるリスクをチェックする|マンション経営を行う心得

リスクを抑えて

電卓

少額で始めよう

中古ワンルームマンションや1棟アパートなどの投資物件を購入して不動産投資をしようと考えているのであれば、上場不動産投資信託を保有してみることも検討してみましょう。中古ワンルームマンションを現金で購入しようとすると1000万円程度の資金が、1棟アパートであれば億単位の資金が必要となるケースもあります。これだけの資金を貯めることはなかなか難しいことです。一方、上場不動産投資信託であれば数万円から数十万円で購入することができます。上場不動産投資信託は多くの投資家から集めたお金でマンションやオフィスビル、商業施設やホテルなどの投資物件を購入して運用しているので、間接的に不動産投資をしているようなものです。

収益のブレが小さいです

株式市場で売買されているので、流動性も高いと言えます。中古ワンルームマンションや1棟アパートで不動産投資をする際の最大のリスクは空室ですが、上場不動産投資信託の場合、多くの投資物件を保有しているので、1室あたりの空室のインパクトはかなり低減されています。マンションで運用している銘柄の中には、その管理戸数が数千戸に及ぶものもあります。つまり、収益に大きなブレが生じる可能性が少ないのです。上場不動産投資信託にはいろいろな銘柄がありますので、自分が投資してみたい投資物件をメインに保有している銘柄を選んでみると良いです。また、1棟アパートを買うまでの運用先として上場不動産投資信託を保有しておくことも選択肢の1つです。